毎日どのように過ごすか悩む所だけど楽しめれば良し

毎日の行動パターンって割と決まってしまいますよね。

ましてや子どもが小さいと面倒だという時は、親の都合で出かけなくても良い時もあります。

しかし、子どもが成長していくにつれ「外で遊びたい」としたいことを言うようになります。

寝不足で辛い時に言われると最悪です。

でもここで子どもの話を聞かずに家にこもっていると、家の中でバタバタされたり散らかし放題だったりと子どももストレス溜まるし、こちらも逆に休めなくなります。

そこで、午前中は我慢して子どもに付き合ってあげると、午後お昼寝を長くしてくれるようになるので、そこで親も休むようにするといいと思います。

子どもと毎日一緒にいられる時間は限られています。3歳なんてあっという間に過ぎていきます。

今過ごせる時間を大切にし、1日1日の成長を探してあげることも必要なことだと思います。

昨日できなかったことが次の日にはできるようになったり、挑戦しようとする気持ちが芽生えたりするので、見ているこちらも嬉しいし楽しくなります。せっかく同じ時間を過ごすなら楽しい方が良いですね。

注文住宅のメリットについて

注文住宅は家を建てる人の主流と言える建て方だと思います。やはり一生に一度の大きな買い物ですから、自分で間取りから材料まで選びたいという人が多いのだと思います。その分値段も高くなりますし、時間もかかります。しかし注文住宅は自分で何もかも選び提案して作り上げた家ですので、家に対する愛着はとても強いものがあると思います。自分のこだわりのポイントなども自由に選ぶことができますので、出来上がった時には感慨深いものがあると思います。注文住宅は大体平均すると半年くらいで出来上がることが多いです。半年とは結構長いようであっという間です。家の基礎工事から壁がついて屋根がついて内装が出来上がるといった家づくりの工程が少しずつ進んでいくワクワク感が味わえるのは注文住宅の醍醐味だと思います。また土地から自分の好きなところを選べますので、妥協することなく住みたいところへ住めるというのも注文住宅の特権だと感じます。家族の未来を想像して出来上がった家というのはまさに家族の宝物であります。

なかなか寝てくれない小学校低学年の娘

小学校2年生の頃、娘があまり寝なくなってしまいました。いつも9時には布団に入って寝るのですが、11時ぐらいになっても「ママ眠れない」と言うようになり、まだ低学年なのにこれではいけないと思い一緒に寝てあげることにしたんです。

それでも娘はなかなか寝付けないようでした。今まで夕飯の前に入浴していたのですが、寝る前に入浴させるようにしたり、寝る前にホットミルクを飲ませてみたりすると、少しずつ眠れるようになりました。

以前「早く寝ないと!」と娘に言ってしまっていたのですが、本人も眠れないことを気にしているのにそういう風に急かしてだめだったなぁと思いました。娘には「寝れなくても大丈夫だよ」と笑顔で言うようにしました。すると娘は安心して逆に眠れるようになったようです。

久しぶりに娘を抱きながら寝たり、寝る前に本を読んであげるようにもしました。とにかく娘を安心させて寝る前に楽しくしてあげることを考えました。すると布団に入るとすぐに寝れるようになりました。

注文住宅の注意点について

新築の一戸建てを購入する時は土地と建物を一緒に購入する建売住宅を選ぶ人が多いですが、最近では外壁や内装にこだわりたいと考える人が出てきていて土地を購入した後にハウスメーカーと協力しながら建物を建てていく事が出来る注文住宅を選ぶ人も増えてきています。ライフスタイルに合わせた家を建てる事が出来るのが注文住宅のメリットになりますが、注意しなければいけない点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで注文住宅の注意点について見ていく事にしましょう。

・費用が高くなる

注文住宅は建設費用がかかるので購入する費用も当然高くなります。金銭的に余裕がある人であればそれほど問題ありませんが、余裕がない人は少しでもコストを抑えていく必要があります。こだわる部分にはお金をかけても構いませんが、こだわらない部分は節約するなど工夫する必要があるでしょう。

・不動産の知識をある程度必要

注文住宅は土地を購入してからハウスメーカーと協力して建物を建てていくのである程度の不動産の知識が必要になってきます。何も知らない状態だとハウスメーカーも困ってしまうのである程度の知識は勉強しておきましょう。

ネントレ

二人目の妊娠がわかってから義実家に住むようになったのですが上の子が全く寝てくれません。義両親以外にも旦那の兄妹が一緒に住んでいるのでみんな基本的に夜ご飯が遅かったり、夜更かししたりしているのでそれに子供も慣れてしまっていました。そして寝る時は必ずテレビや動画を観ないと寝ない子でとても困っていました。テレビなど見ながら寝ると脳が刺激されたままでしっかり眠れないことを聞いてから毎晩不安でした。そしてネントレに行き着きました。最初は言葉だけしか知らなかったのでネットで詳しく調べて方法を知りました。うちの場合はまだ寝る時に牛乳を飲んでいたのでそれを活かしてテレビや動画で寝る癖を止めさせることにしました。まずは寝る時間だとわからせるためにテレビなどを観せます。そして疲れてきた頃に牛乳の準備をし、テレビは消して部屋は真っ黒にして牛乳を飲ませてあげます。そうすると結構簡単に寝てくれるようになりました。部屋を暗くすることで効果が出て嬉しく思います。