家を建てて生活が始まれば出てくる小さな後悔

マイホームを建てた後で徐々に出てきた「小さな後悔」は、やはり「必要じゃないものがいくつかある」ということですね。マイホーム建設時は、あれもこれも必要なように感じたものです。「家を建ててから入れるのでは手間もお金もかかるから、新築時に必要な物は全部入れておこうよ」と、あれもこれも入れたのですが、しかしよくよく考えてみると「あまり必要じゃなかったかな…」と思われるものが結構あって…。

脱衣所やトイレのヒーターにしても、冬場でもそこまで家の中が寒くはならないので、滅多にヒーターをつけませんからね。また、玄関のコート掛けにしましても、玄関でコートを脱がずに結構みんな各自の部屋で上着を脱いで保管しておくので、わが家に関しては必要なかったように思います。

それに夫婦の寝室にウォークインクローゼットをつけたのですが、夫婦よりも子供たちの方が荷物が多いので、子どもたちの収納を大きくして、夫婦の寝室にウォークインクローゼットはもっと小さくて良かったなーと、実際に生活がスタートしてみて、後からいくつか「小さな後悔」が出てくるのですよね。

できることならマイホーム設計時に戻っていくつか削除してきたいです。

PR|失敗しない新築一戸建てづくりはこちら