我が家の建物は建売住宅なのか注文住宅か、

既に10年以上にもなりますが、我が家では注文建築とも建売り住宅ともつかない、中間的

な条件で住宅を手に入れたのです。 

場所的には渋谷が起点となっている東急の田園都市の沿線でしたが大型デベロッパーが開発した第一でしたが、その時の売り出しが限定的な特別な区画スペースの土地で、先ず土地を購入することでした。 

しかし此の時に家を建てる条件として、所謂、家付きの条件であり金額であったのです。 此処までは建売り住宅のような条件なのですが、実質は未だ家は建ってはいないのです。 ただ此の時にモデルの家がパンフレット等にあり、此のパンフの書面をみながら選択して住宅を選ぶ形なのです。

此の時には勿論、敷地にどのような向きとか位置に家を建てるかとか、内装などの変更や部屋の間取りの変更、壁の材料や色彩など、色々な方面で選択できるようになっていたのです。 つまり変更可能な標準家屋というものがあって選択幅が決められていましたが、勿論、規定以外の造作や材料の変更がありますと、金額の変更もあるとされていたのです。 

従って、此れは建売り住宅なのか注文住宅なのか妙な感覚だったのですが。

何れにしても、当方も色々と条件を出したり、変更を求められたりして出来上がりましたが、結局は当初の売り出し価格よりは150万円ほど高くなりましたけど、実際に出来上がったのは注文住宅のような感じでとても満足はしているのです。